Maker Faire Tokyo 2015 に出展しました!

2015年8月1日に
Maker Faire Tokyo 2015 に出展させてもらいましたっ!

image

今回はキッズスペースで参加させてもらいました。
嬉しいことに、たくさんの子どもで大にぎわいでした。

夏!ということでスライムが心配で、
冷凍したものを
かなりの量を持っていっていたのですが、
やはり、けっこう、すぐへたってしまいましたがなんとか乗り切りました!
(クーラーボックスありがとうございました!)

image

体験は14時~だったのですが、
12時の開場とともに、どんどん、
子どもたちが触っていたようで、
キッズスペースに似つかわしくない『キケン注意』(笑)
でも、これやると子どもが全く入らず、
文字読めなくても伝わるデザインって、すごいな!
と思いました。
テープありがとーございました!

その間に、壊れていたところの修理。
はんだコーナーがあり、修理できました。
すっごい良いはんだごてで、スゴい欲しくなりました~。

キッズスペースは、

image

●ゾンビになれちゃう (悪魔の鏡おもしろかったです。)
●新聞工作 (新聞って無限だ!)
●ビー玉ころころするやつ (名前わすれちゃった。。。)
●フラドーム
があって、スゴい楽しかったです!

image

フラドーム、透け透けなのに、
入ると秘密基地感がすごく出てて、いーな!

ビー玉ころころするやつとか、新聞工作とかで
子どもと遊んでると、

『あっ!! いーこと思い付いたっ!!』

って、すっごい笑顔で言う子が多くて、
その瞬間にすっごいワクワクしてるのが伝わってきて、
こっちも嬉しくなって、
『えっ??なになにーー??』
って言う、やりとりばかりしてました。

まぁ、『いーこと』思いついても、
実際やってみるとうまくいかなかったり、
大人からみると「えっそれ(笑)?」って思うときもあるけど、
何度も何度も
『あっ!!いーこと思い付いたっ!!』
の瞬間があって、それを積み重ねてくのって、
スゴい楽しいな!と、改めて思いました。

今回はスライムシンセサイザーは、
●タワー型スライムシンセ
●おぼん
●スライムゲーム
を、並べてたけど、

スライムゲームとタワー型は、
遊び方がだいたい決まってて分かりやすい分、
遊び方に自由度が少なくて、
おぼんは、ただスライム置いてるだけだから、分かりづらいけど遊び方の自由度は高く、
ここが一番
『あっ!! いーこと思い付いたっ!!』
って、言ってる子が多かった気がしました。

それぞれに特徴があったので、
3つ並べられて良かったですっ!

なぜだか、前に東泉さんが、
洋包丁(ナイフ?)と和包丁のデザインの違いについて話をしていたのを思い出しましたー。
用途に合わせてそれぞれに形がかわって特化する洋包丁と、
用途によって握り方や使い方をかえて使うシンプルな形の和包丁。

あとあと、夕方には
ヌケメバンドのライブも!!
野外ステージ。
よかったーー!
これは、今度また、動画と一緒にアップします。

image

とにかく、
すごく楽しかったです!
ありがとーございました!!

image

広告